ホーム > 各種報告 > 活動報告 > 住宅改修評価結果報告検討会のご報告

住宅改修評価結果報告検討会のご報告

カテゴリ: 活動報告 | 掲載日:2013年10月28日

平成25年2月16日(土) 13:00~17:00。横浜市総合リハビリテーションセンター4階研修室において、ケアの専門家・設計者・施工者・セミナー受講者を対象とした「本年度の事業報告および訪問相談・助言担当者、設計者による改修事例報告と評価者による評価結果の報告」「評価者による事業総評」「ケア専門家・設計者・施工者・アドバイザーによるパネルディスカッション」の検討会を開催いたしました。参加者は28名。

報告会の内容は以下のとおりです。
[報告会議事概要]

1.開会挨拶
横浜市まちづくりセンター みんなにやさしい横浜の住生活モデル事業担当副理事長 岡本堯久

2.主催者挨拶
横浜市総合リハビリテーションセンター 地域リハビリテーション部 担当部長 飯島浩
横浜市まちづくりセンター 理事長 八木佐知子

3.事業総括報告
横浜市まちづくりセンター みんなにやさしい横浜の住生活モデル事業特別委員会委員長 菊池邦子
・平成24年度研修事業の報告
 コーポレートセミナーA・B・C・D
・平成24年度環境整備事業の報告
 ①訪問相談・作成プランへの助言の報告
 ②改修内容の評価の報告
 ③情報提供普及啓発事業
  モデルルーム展示、セミナー開催、事業説明会、相談会開催、現場見学会開催
  モデルプラン発表・パネル展示。相談会
  ガイドテキスト作成

4.住宅改修報告
(1)実績報告(事業従事者紹介)
横浜市まちづくりセンター みんなにやさしい横浜の住生活モデル事業特別委員会副委員長 月出正弘
平成24年度の住宅改修事業の実績概要を報告(廊下等にパネル展示)
(2)事例報告
 ①「進行性の疾患により、四肢に筋力低下を生じた事例」・・・・・・・・・・
  ケア専門家:田治・設計者:畠山
 ②「生活行動範囲の拡大と自立を見据えた片麻痺の方に対する住宅改修」・・・
  ケア専門家:山崎・設計者:島田
 ③「入浴介助負担軽減に向けた環境整備」・・・・・・・・・・・・・・・・・
  ケア専門家:佐藤・設計者:小倉
(3)住宅改修後評価報告
 ①N-Brain 新田収
 ②バリオン介護環境研究所 金沢善智

5.総評 N-Brain 野村歡
平成24年度事業だけでなく、平成22年度からの3年間全体を通しての総評とともに今後についての提言。
モデルプランやガイドテキストについての総評。

6.シンポジウム
テーマ:<事業終了にあたり~実践で見えた可能性と課題~>
司会進行:佐藤課長
(横浜市総合リハビリテーションセンター 地域リハビリテーション部 地域支援課長)
パネリスト:清水PT(ケア専門家)、月出(設計者)、神永(施工者)、雨宮(事業AD)、鈴木(改修AD)
事業提案趣旨と補助制度の現実性(改修必要性)、将来予測の課題、連携の可能性と現実的必要性、事業の継続・熟成化の可能性等

7.閉会挨拶
横浜市まちづくりセンター みんなにやさしい横浜の住生活モデル事業担当副理事長 菊池邦子

住宅改修評価結果報告検討会2013年2月
  
住宅改修評価結果報告検討会2013年2月

事業報告
改修事例報告・評価結果報告

住宅改修評価結果報告検討会2013年2月

総評 シンポジウム

各種お知らせ

各種報告

最新のおしらせ一覧

最新の活動報告一覧

トップへ