ホーム > バリアフリー改修の事例 > 屋内外の移動介助負担の軽減〜O邸

屋内外の移動介助負担の軽減〜O邸

 

基本情報

身体状況:18歳女性、脳性麻痺、多発性関節拘縮症
家族構成:両親と兄姉との5人暮らし
住まい:木造2階建/1階寝室

本人・家族の要望

車に乗り降りの際、車いすでスムーズに移動したい。
外出時の介助者の負担を減らしたい。

セラピストの助言

介助負担を減らし、安全に出入りするためにリビングから出入りができるよう段差解消機の設置が必要

改修設計

リビング掃出し窓から出入りができるよう部屋の高さに揃えてウッドデッキを設置し、駐車場とウッドデッキは段差解消機で上下する
車の駐車する位置や後部スロープの位置に合わせて段差解消機を設置した
リビングから外出するので、外から施錠できるよう後付けでサッシに鍵を設置した
駐車場とウッドデッキの上に屋根をかけ雨の日でも濡れずに車いすで出入りできるようにした

改修事例詳細


 

駐車場と玄関とリビング


 

ウッドデッキ設置

段差解消機の油圧ユニットボックスはウッドデッキの下に設置

 

段差解消機の設置


 

リビングの掃出し窓からの出入り


 

リビング掃出し窓に後付けの鍵を設置


 

本人・家族の感想

今までは駐車場から段差がある玄関から入り、移動していたが、段差解消機とウッドデッキにより、スムーズに車いすで出入りすることができて、介助負担が軽減された。

工事費:380万円
補助対象工事費:230万円 工事補助金:97万円

トップへ